今話題のあのニュースはココをクリック!!

>>サンクトペテルブルクの地下鉄無残な衝撃写真公開!
>>離婚危機か!?DAIGO・北川景子の新婚生活暴露!
>>藤井フミヤの愛息子のコネ入社疑惑にフジTVがYES!?
>>紀香崖っぷちからの生還に利用した男との離婚の影!?
>>アノニマスとは?日本人メンバー・日本でも活動していた!資金源はグッツ販売!?
>>嵐・二宮和也に年上伊藤が裏技テクニック!彼女の奥の手とは??
>>フランス自爆テロはイスラム国か!?博士号取得で元エリート学者の最高指導者とはどんな人物?

2017年08月21日

【画像】スペインの多発テロは既に予想されたいた!衝撃現場画像はコレだ!!

【スポンサードリンク】

バルセロナで多発テロ、その悲惨な現場の衝撃写真・人々の声を大公開!!
そして、このテロは既に予測されていた通りに起きたものだった!
事件は、防ぐことが出来たのに、何故こんなに拡大したのか?!



■ 今スペインで何が起きてる!?


まず最初に起きたのが、16日の夜、スペインのアルカナーというビーチリゾートの都市で、
住宅の爆破事件が起きた。1人が死亡、16人が怪我をした。

これは、大きな一軒家で起きた誤爆事件で、後にバルセロナで起きたテロ事件で使用される
はずだった、爆弾を犯行グループが
準備している所ところ、間違って誤爆してしまった模様
この一軒家の周囲には、観光客や地元の人に人気のビーチがすぐ目の前にあった。



2番目、17日現地時間の夕方17時頃、観光やショッピングの人々の数がピークになる
時刻にバルセロナの中心地でテロが発生。世界に衝撃を走らせた。
現場はスペインの観光のど真ん中のバルセロナの観光通り「ランブラス通り」

ddd.PNG


世界的に有名な建造物サクラダファミリアからも2kmというバルセロナ屈指の人気通りで、
高級ブランドやお土産物屋が立ち並ぶ、常に人通りで歩くのが困難に
なるくらいの人の集まっている通り。
地下鉄からの出口から広がる通りで、地元民と観光客でごった返している通りとなっている。


1本の歩道を囲むように2本の車道が走っている道で、その歩道の周囲には売店などが立ち
並んでいた。

gg.PNG


地下鉄の出口付近から500mに渡り、テロリストが運転する
トラックが歩道を蛇行運転し、人々をお構いなしに引いていった。
犯人はブレーキは一切踏むことなく、人々をはねていった。
そして、500mに渡り、人々をはねた後、売店にぶつかりトラックは停車し、
犯人はそこから走って逃走。

約120人が負傷し、現時点で13人が死亡。
死者の中には3歳の女の子や母親も含まれているという。

現場にいた人から声を聞くと、現場では人々の悲鳴が上がり、多くの人々が次々に
トラックにはねられ、人々が歩道に倒れ、
はねられた人が宙を舞っていたという無残な現場の様子が語られた。
そして辺りは、死者や負傷者で埋め尽くされていたという。

ii.PNG






oo.jpg
出典:日本経済新聞

報道のテレビカメラも、現場映像は、余りにも凄惨な為、遺体などが見えないように編集
しなければ報道することが出来ないくらい
現場は無残な様子だったという。

現場の道路が移せず、上の方をただ映像で流すと言う
処置が施され、パリの同時多発テロ同様、悲痛な様子が伝えられた。



負傷者の国籍は、34カ国に渡り、今のところ、日本人がこの中に
含まれているとの報道は無いが、犯人達は、観光客を狙った犯行だということが分かる。

3番目に起きたのは、18日午前1時ごろバルセロナと同じスペイン東部の沿岸都市で、
バルセロナからは約115Km南西に位置する都市カンブリスで初めに起きた爆発があった
都市からは70kmに位置する。

テロリスト5人が乗った乗用車が通行人や警察のパトカーに突っ込むという
事件が発声。現場では、テロリストと警官の銃撃戦になり、テロリスト4人が射殺され、1人が拘束された。
現場では、午前1時という深夜でも辺りにはまだ人が沢山出ており、市民と警官を含む6人が負傷し、うち2人が重症、後に1人が死亡。


uu.PNG



■ 犯人はいったい誰なのか?



犯人はイスラム過激派で今回のスペイン全土のテロ事件で最大で12人のグループが関与していると見られている。
現時点では4人目の犯人が拘束されているという。4人のうち3人がモロッコ人で、1人がスペイン人。
スペインの地元紙の情報では、拘束されている3人のモロッコ人のうちの1人の弟で17歳の少年がバルセロナの事件の
首謀者で実行犯だという。
この弟は現在も逃亡中で犯行で使用したトラックはレンタカーで、その車を借りる際に、兄のIDを使って車を借りたという。

事件後イスラム国=ISは、犯行声明を出している。



■ 今回のテロは既に予測されたものだった!?



世間では、何故いきなりスペインがテロに巻き込まれた!?という認識だが、実はスペインはイスラム過激派組織からの
テロの脅威からはづっとされされてきた都市だった。

そして、2か月前には何と!!アメリカのCIAから

「バルセロナでテロが起きる」

と警告されていた!!さらに、この

「ランブラス通りでテロが起きる」

と、CIAは通りの名前まで予想していたという。


そして、スペインは以前からテロの脅威にされされてきた都市だが、テロ対策ではスペインは、
非常に定評があり、今まで12年間テロが起きなかった都市だったのだが、今回大規模なテロが起きてしまったことに
ヨーロッパないし、世界で非常に衝撃が走っている。



■ 今回の事件の意図は?

犯人達の今回の事件の意図は、多くの国籍の人々を犠牲にすることによって、多くの国々にショックを与えるという目的が
ISにはあったのではないか。と専門家は見ている。

この記事に読まれた方に人気の記事は・・・






【スポンサードリンク】             【スポンサードリンク】

posted by paris at 12:17 | Comment(0) |     スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
           
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。