アラサー主婦 ニッポン脱出計画中 >     ドイツ
今話題のあのニュースはココをクリック!!

>>サンクトペテルブルクの地下鉄無残な衝撃写真公開!
>>離婚危機か!?DAIGO・北川景子の新婚生活暴露!
>>藤井フミヤの愛息子のコネ入社疑惑にフジTVがYES!?
>>紀香崖っぷちからの生還に利用した男との離婚の影!?
>>アノニマスとは?日本人メンバー・日本でも活動していた!資金源はグッツ販売!?
>>嵐・二宮和也に年上伊藤が裏技テクニック!彼女の奥の手とは??
>>フランス自爆テロはイスラム国か!?博士号取得で元エリート学者の最高指導者とはどんな人物?

2015年09月08日

シリア内戦から逃れた難民ドイツへ入国対策費でEU困惑

【スポンサードリンク】

世界を動かしたシリア難民の男児アイラン・クルディのおかげでドイツの
入国許可が下りた難民がドイツ国内で難民審査の結果を待っている。
ドイツならぬ欧州各国は今その対策費で議論し困難を極めている。

m_mainichi-20150902k0000m030078000c.jpg
出典:gooニュース

シリア難民らを受け入れたEUの各国は、
保護施設の開放・水・衣服・仮設テント・食料・難民らを施設へ送るバスの費用など
難民受け入れに関する対策費が80億ユーロ〜1000億ユーロ(日本円で約1兆〜1兆3千億円)
にも上るとして、各国はその対策費の捻出に頭を悩ませている。

トルコ沖で見つかったギリシャ・コス島へと密航ボートで向かう途中ボートが
転倒して漂流してしまったアイラン・クルディ君の写真が世界メディアに流れたことで
世界からはヨーロッパの各国がシリア難民の受け入れを拒否していることに避難が殺到し、
今回の難民受け入れに踏み切ったドイツ・オーストリアをはじめとするEUの各国だが、
その代償は経済的にどの国もギリギリの状態の今だけに高くついた。

ドイツはEU加盟国で難民受け入れの負担分担を提案するなどしているが
難民の受け入れに反対意見の東欧。
EU加盟国では、ギリシャの破綻の首脳会議以来、また大荒れが予想される。



この記事を読まれた方にオススメの記事はコチラ

 >>殺人鬼の兄のサイコパスの実態が浮き彫りに!殺人は悪人の浄化の為だった!?

   >>遂にやった!日本代表6−0の大差で完璧勝利!香川・岡崎の活躍ダイジェスト! 





【スポンサードリンク】             【スポンサードリンク】

posted by paris at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) |     ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

シリア難民漂流のアイラン君遺体写真がドイツやヨーロッパを動かした!

【スポンサードリンク】

シリア難民のアイラン君3歳が漂流し遺体となって発見された写真が世界に出回って
遂に国を動かした!ドイツ・オーストリアでは、遂に難民の入国を認めことを発表!

2015-09-03-1441264533-6154520-09033boy1-thumb.jpg
出典:THE HUFFINGTON POST

これは9月2日、トルコのボドルムの海岸でに打ち上げられたシリアの内戦から
難民として一家で逃げてきたクルディさん一家のボートが転覆し、母親・兄・3歳の
男児アイラン・クルディ君が漂流し、死亡した事故の写真が世界のメディアに晒され、
世界中からヨーロッパの各国首脳に対して、難民の受け入れを要望する強い世論の声が
届いたものと見られている。





ドイツは、オーストリアのファイマン首相を通じ、ドイツとオーストリアがハンガリーからの
難民入国を緊急措置をして認めることを表明!



ハンガリー国境へバスを送り、自国へと入国させるという対応をとっている。
ハンガリーでは、中東・アジアからの難民がドイツやヨーロッパ各国へと逃れる希望で足止め
されていた。


アジアからトルコ→ギリシャ→欧州へと逃れる難民といえば記憶に新しいの、
8月17日にタイで起こったバンコク爆発事件も、中国ウイグル族が中国からタイに逃れ、
そこで偽造パスポートを取得し、トルコへと渡り、ギリシャ経由で、ヨーロッパの各国へと
行く希望の最中、タイ政府がウイグル族を7月に約1000人も中国へと強制送還した報復であった。

タイ爆破テロ犯人逮捕
出典:中国ニュース速報




現地オーストリアでは、5日午前中だけで約4千人、5日の1日だけで
約8千人がハンガリーの足止めから解放されて、オーストリアに入国する模様。

世界の世論からの強い非難の声もあり、EU(欧州連合)が今までの国際列車運行停止
など、難民に対して強い姿勢で対応していた様子が、ようやく難民に対し軟化姿勢となった。


それも一重に1人の3歳児の漂流写真のおかげとも言えるだろう。


EU(欧州連合)では5日ルクセンブルグで非公式外相会合を開き、この難民問題について
話し合いを設けた。
EUの規則では、難民審査は申請者が最初に入ったEUの国が責任を持つことになっているが
今回のドイツ・オーストリアの難民への軟化姿勢は、これ以上の混乱を防ぐものとし、この
規則を守っていくように求めている。

r.jpg
出典:ロイター

EU(欧州連合)では、EU各国に入った今までの難民約16万人を加盟国で分担して
受け入れるよう提案する見込み。



この記事を読まれたはこんな記事も読んでいます 
【スポンサードリンク】             【スポンサードリンク】

posted by paris at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |     ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
           
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。