アラサー主婦 ニッポン脱出計画中 > 知らないと怖い!!タカタのエアバックで起きた過去の事故まとめ!
今話題のあのニュースはココをクリック!!

>>サンクトペテルブルクの地下鉄無残な衝撃写真公開!
>>離婚危機か!?DAIGO・北川景子の新婚生活暴露!
>>藤井フミヤの愛息子のコネ入社疑惑にフジTVがYES!?
>>紀香崖っぷちからの生還に利用した男との離婚の影!?
>>アノニマスとは?日本人メンバー・日本でも活動していた!資金源はグッツ販売!?
>>嵐・二宮和也に年上伊藤が裏技テクニック!彼女の奥の手とは??
>>フランス自爆テロはイスラム国か!?博士号取得で元エリート学者の最高指導者とはどんな人物?

2016年04月07日

知らないと怖い!!タカタのエアバックで起きた過去の事故まとめ!

【スポンサードリンク】

3月31日タカタのエアバック搭載したホンダ・シビックで死者が出た。死因は事故により
エアバックが破裂し、破片が首の頸動脈を切ったことによる。

これまでアメリカでは、これまで10人がタカタ製のエアバックを搭載した車で死亡していて、1人がマレーシアで死亡が確認されている。

タカタ製のエアバックを搭載した車での死亡事故は、多数がリコール通知を無視し無料修理を怠った後に起きたものや、所有者がリコール通知を無視し、未修理のまま売却、その後の
新しい所有者宅で起きたものだ。

いずれも死因は、自動車事故後、エアバッグが破裂し金属片が飛び出し、頸動脈を損傷したもの
による大量出血によるもの。

これまでのタカタ製のエアバックによる死亡事故をまとめてみた。



■ これまでのタカタ製エアバックでの死亡事故

  

2009年 アメリカ・オクラハマ州ミッドウエスト

  車種:タカタ製エアバックを搭載した2001年ホンダ・アコード
   
   7.jpg
   出典:THE WALL STREET JOURNAL

   エアバックの膨張とともに飛び出した金属片が18歳の女性の頸動脈を切断し
  出血多量による死亡。

  彼女は高校卒業の数日後に弟を迎えに行くために訪れた学校の駐車場で衝突事故を
  起こした。その衝撃でエアバッグが異常に作動したという報告がされたが、後の事故らと
  は違い、彼女の乗っていたアコードは事故前にはリコール対象車ではなかった
  
  彼女の事故から2か月後、初めてこの車種もリコール対象車に含まれることになった。
  





2009年 アメリカ・バージニア州

   車種:タカタ製のエアバックを搭載した2001年ホンダ・アコード
  
         y.jpg
   出典:REUTERSロイター

   衝突事故後エアバック膨張時に飛び散った金属片で33歳女性が頸動脈を切断。
  出血多量で死亡。クリスマスイヴの事故だった。





2013年 アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス

   車種:タカタ製のエアバックを搭載した2002年ホンダ・アキュラ

   4.png
   出典:激訳表示

  
   衝突事故を起こしており、それによる頭部の怪我が死因だとしているが、エアバック内の
  異物による顔面外傷は明らかだという。

  エアバック自体に約2つの裂け目があったとされており、事故によってエアバックが
  異常な膨張を見せ、顔面外傷し、意識を失ったことによるさらなる事故拡大の可能性も
  否定出来ない。

  アキュラはホンダの高級車ブランドのセダンであった。

     
   


・2014年 マレーシア・サワラク州シブ

  車種:タカタ製のエアバックを搭載したホンダ・シティ

   44.jpg
   出典:Bloomberg

   衝突事故後凄い勢いで膨らんだエアバックの強打で妊娠8か月の女性が意識を失い、
  エアバックのインフレ―ター(膨張措置部分)が不具合を起こし破裂し、
  2,5cm幅の金属片が女性の首を直撃し死亡。

  事故時には助手席に夫が同乗しており、夫の呼びかけにも妻は意識を失って答えること
  が出来ず、エアバッグ事故が起きた。





・2014年 アメリカ・フロリダ州

 車種:タカタ製のエアバックを搭載したホンダ・アコード


    55.jpg
 出典:テレ朝news


 車の衝突に加えてエアバックが破裂した際に破片が首を貫通したことによることが原因で
 51歳のヒエン・トランさんが事故発生から3日後に死亡。

 事故はシートベルトをしていて、車の窓には損傷は無かったという。





・2014年 アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス 

   車種:タカタ製のエアバックを搭載した2001年のホンダ・シビック。

      66.png
  出典:日本経済新聞

  衝突事故後運転席のエアバックのインフレ―ターが異常破裂し、金属片が飛び散ることに
 よる女性の死亡。
  
 この車は、2009年7月にリコール対象になり、同年8月には所有者にホンダがその旨を
 通知。
 2011年11月にこの車をカリフォルニア州のレンタカー会社が購入し、2014年8月に
 女性がレンタルし運転し事故が起きた。レンタカー会社がリコール修理を怠ったのか、
 リコール対象車とは知らずに購入したのかは不明だが、その連携がうまくいったいれば
 この死亡事故は防げていたとみられる。

  



・2015年 アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグ近郊

   車種:タカタ製のエアバックを搭載した2001年のホンダ・アコード

   5555.jpg 
   出典:INTERNATIONAL BUSINESS TIMES
   
   
        衝突事故でエアバックが破裂、13歳少年が両親に内緒で運転していた。少年は死亡。
       欠陥のあるエアバッグを交換の必要があるという通知を何度も行っていたが所有者が
  それを無視、修理が行われないまま、この車は他人に売却され、次の購入者の家族に
  よって起きた惨事だった。

  しかも、事故前日にも新しい所有者にもリコール通知が郵送されていた翌日の事故。

  



・2015年 アメリカ・テキサス州ヒューストン

   車種:タカタ製のエアバックを搭載した2002年ホンダ・アコード

   4.jpg
   出典:market newsline

   過去の事故はリコール対象になっていたが持ち主がリコールを無視して乗車していたもの
  が多いが、このドバイバーは中古車ディーラーから購入したため、
  リコール対象になっていることを知らずに購入したものだという。

  軽度の追突事故にもかからわず、エアバックは破裂し、タカタ製のエアバックの不具合に
  よるものだと遺族は主張している。

   


■ タカタ製のエアバックを搭載している車種は?

y.jpg
出典:Goonet



・ホンダ
  アコード/シビック/フィット/フィットシャトル/EV/シビックハイブリット/エディクス/
  インサイト/インサイトエクスクリーシブ/レジェンド/ストリーム/ゼスト/ゼストスパーク/
  FCX/クラリティ・・・・・等


・トヨタ
  アルファードG/アルファードV/アルファードハイブリッド/イプサム/ノア/ヴォクシー/
  ブレビス/プロボックス/サクシード/マークUブリット/ヴィッツ/ベルタ/ソアラ/
  アベンシス/アベンシスワゴン/カローラランクス/アレックス/オーパ/ガイア/WILL
  サイファ/SC430(レクサス)・・・・・等


・日産
  キューブ/リバティ/ブルーバードシルフィ/セフィーロ/ティアナ/ダットサン/フーガ/
  ティアナ/プレサージュ/エクストレイル/サファリ/キャラバン/コモ/・・・・等


・マツダ
    RXー8/アテンザ・・・等


・三菱
  ランサー/アイ・・・・・等


・ダイハツ
  ミラ・・・・・等


・スバル
  レガシィ/アウトバック/インプレッサ・・・等


・クライスラー社

・フォード


・フォルクスワーゲン(VW)
  ゴルフ
  アウディ


・BMW
  316ti/318i/318iツーリング/318Ci/318ti/320i/323i/325i/325i/328i/328Ci/
  330i/330Ciカブリオレ/M3/M3CSL/M3カブリオレ・・・・・・・等  


・ダイムラー(ドイツ)  


       ・・・・・・・・・・・等、殆どの国産車・外車が対象になっている。



各自動車メーカーのホームページでは、リコール対象車を掲載・若しくは検索できるように
なっていて、万が一引っ越しなど上手くリコールの通知が届かなくとも、自分の車がタ
カタ製のエアバッグ搭載でリコール対象かが分かるようになっている。





■ タカタ社のリコール対処

r.jpg
出典:REUTERSロイター


危険なことに「タカタ」のメーカーのホームページでは、エアバッグの不具合・事故・
リコールなどについて一切触れていない。

ホームページではあたかも良心的な会社を装っている。

タカタ社はチャイルドシートでも世界で有名なメーカー。

もし大事な赤ちゃんにもしものことがあったらと考えるとタカタ製のチャイルドシート
購入には二の足を踏まざるを得ない。










この記事を読まれた方にオススメの記事は 



【スポンサードリンク】             【スポンサードリンク】

posted by paris at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日本国内一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
           
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。