今話題のあのニュースはココをクリック!!

>>サンクトペテルブルクの地下鉄無残な衝撃写真公開!
>>離婚危機か!?DAIGO・北川景子の新婚生活暴露!
>>藤井フミヤの愛息子のコネ入社疑惑にフジTVがYES!?
>>紀香崖っぷちからの生還に利用した男との離婚の影!?
>>アノニマスとは?日本人メンバー・日本でも活動していた!資金源はグッツ販売!?
>>嵐・二宮和也に年上伊藤が裏技テクニック!彼女の奥の手とは??
>>フランス自爆テロはイスラム国か!?博士号取得で元エリート学者の最高指導者とはどんな人物?

2017年08月21日

【恐怖】日本人もターゲットだった!犯人写真!テロの背景には洗脳?グループの素顔とは!?

【スポンサードリンク】

薬物使用?洗脳?バルセロナテロの背景に潜む闇
犯行グループの青年らの素顔とは?日本人もターゲットだった?テロの全貌が明らかに!


スペインのバルセロナ・その沿岸都市で次々に相次いで起きている多発テロについて、当初の
計画は、さらに大規模な観光名所・観光客を狙ったテロだったことが判明した。

当初の犯行計画では、今回の犯人グループ総勢12名が、ワゴン車3台に分乗し、用意した
爆発物を乗せ、世界遺産の”サクラダファミリア”や観光客に人気の豪華クルーズ船が停泊して
いるバルセロナの港も標的だったことが判明した。


犯人の写真を公開!

dds.png
出典:DFX BLOG


この港を出発する豪華クルーズは、地中海に面するヨーロッパの都市や島々を効率良く旅行
することが出来る為、日本人にも人気のクルーズで、この計画が実際に実行されていれば、
多くの日本人観光客の犠牲が出ることが予想できる。

しかし、16日の夜


が起きたことから、当初の爆発物を使用することが出来ず、バルセロナのトラックが歩道に
突っ込むという事件に変更したと見られている。

当初バルセロナの複数の観光地で使用しようとしていた爆発物は、準備段階で

 ・ガス缶120本
 ・高機能爆弾TATP(過酸化アセトン)

が見つかっており、これらは、イスラム過激派組織のIS=イスラム国で多く使用される爆弾
であることから、今回の犯人グループが、”イスラム国”であることは、間違いないと見られて
いる。



今回のテロを主導したのは、聖職者であるイスラム教でいうところの、モスク(イスラム教の
礼拝所)のイマームという(指導者)をしている40代のアブデルバキ・エ・サティ容疑者
日本でいうところのお寺の住職さんが近い存在かと思われます。)

彼は、2004年のマドリードで起きた列車爆破テロでも実行犯の知人として捜査対象に
なっていました。

犯行グループは17歳の少年を含む10代〜20代が多くサティ容疑者は、最年長でイスラム教の指導者を利用し、言葉巧みに彼らをテロリストへの道へと導いていったと見られている。


サティ容疑者はモロッコの出身で、町の中心部のアパートを同居人と共に住んでいた。
同居人の話では、

「15日にモロッコへ行くと出て行ったきりだ。」

jgh.jpg
出典:東京新聞
(写真は、サティ容疑者の住んでいたシェアアパート)


と取材陣に答えており、通常の生活では、聖職者で生計を立て、テロリストの側面は
見せることなく一般人として生活していたとみられている。

そして、現在、今回のテログループ12名の中で、生き残り、未だ逃走を続けているのが
モロッコ出身の”ユネス・アブヤクブ(22)”という人物。

彼や今回の犯行グループの多くの青年が、スペイン・リポイという山あいの静かな町で
育った。



犯人らの素顔とは・・・・・・

・逃走中の”ユネス・アブヤクブ容疑者”


彼の学生時代を知る人は、
「授業にもきちんと出席する普通の少年だった。」
という。そして、周囲の誰もが、
「スペインに馴染んでいるはずだった。」
とテロリストになろうとは、誰もが疑問に思うくらいの人物だったという。


・逮捕された”ドリス・ウカビル容疑者”


道端で会ったら、普通に挨拶を交わす青年。以前、同棲していた彼女との喧嘩で警察沙汰に
なったことはあるが、まさかテロリストになるなんて兆候は全くなかったという。


彼らが何故?テロリストに?

gg.jpg
出典:SWIswissinfo.ch


何処にでもいるような普通の10代〜20代の青年だった彼らを何がテロリストに駆り立てた
のだろうか?
犯行グループの青年らの親戚らが取材に応じ、彼らが変化していったのは、サティ容疑者に
出会ってからだという。

半年前くらいにサティ容疑者が彼らの住むリポイ市のモスク(礼拝所)の指導者として
出会った。短期間でサティ容疑者の過激思想に染められていったという。

彼らは12人のうち8人が親戚同士で、彼らと親戚関係にあるいことは、

「彼らがこんなことをするなんて薬物か洗脳しかありえない

と話しているという。

純粋な10代〜20代の青年らを同じモロッコ出身・イスラム教の指導者ということもあり
信じ込ませやすい状況を揃え、洗脳していったとみられている。



この記事を読まれた方に人気の記事はコチラ


【スポンサードリンク】             【スポンサードリンク】

posted by paris at 15:26 | Comment(0) |     スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
           
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。